イタリア 9回5点!サヨナラ ムネリン同僚が劇的2点内野安打

[ 2017年3月11日 05:30 ]

WBC1次ラウンドD組   イタリア10―9メキシコ ( 2017年3月9日    メキシコ・グアダラハラ )

<イタリア・メキシコ>逆転サヨナラ勝ちし、喜ぶイタリアの選手たち
Photo By ゲッティ=共同

 D組のイタリアが地元開催のメキシコに10―9で逆転サヨナラ勝ちを収めた。9回に4点差をひっくり返したマルコ・マツィエリ監督は「こういう勝利は気分がいい。あとの2試合も同じ姿勢で戦う」とご満悦だった。

 先頭から3連続二塁打で2点を返すと、メキシコの遊撃手クルーズ(巨人)の失策にも乗じ、1点差に。川崎と同様、カブスのメジャーキャンプに招待されている2番アンドレオリの2点内野安打で逆転した。メジャー経験がない26歳の外野手は「誰も諦めていなかった」と声を弾ませた。

 メキシコには前回大会の1次ラウンドに続く勝利。ベネズエラ、プエルトリコと強豪がひしめくD組だが、マツィエリ監督は「選手たちは常に勝つためにプレーしている」と2大会連続の2次ラウンド進出を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース