侍J藤浪「どうしても力んだ」四死球から4連続三振締め

[ 2017年3月11日 05:30 ]

WBC1次ラウンドB組   日本7―1中国 ( 2017年3月10日    東京ドーム )

<日本・中国>2イニングを無安打無失点の藤浪
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・藤浪が4回から2番手でマウンドに上がり、2イニングを投げて無安打無失点。4回2死から死球、四球とコントロールに苦しむ場面もあったが、球の切れは申し分なく4者連続三振で締めくくった。

 大会初登板で「どうしても力んだ」というが「球自体は悪くなかった。緩急をうまく使えた」と手応えも口にした。2次ラウンドでも中継ぎでの出番が予想される。「与えられた仕事をするだけ。自分のベストのパフォーマンスを出したい」と力強かった。

 ▼増井(初登板で1回無失点)ストライクゾーンで勝負しようと決めていた。それができて良かった。

 ▼秋吉(9回の1イニングを3者凡退)直球で追い込んだけどスライダーが引っ掛かって球数が増えた。(ヤクルトで同僚のバレンティンは)外だけで抑えられない。内をしっかり突きながら、外。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース