巨人・内海 ヒヤリ…左太腿裏つり降板「次はつらないように」

[ 2017年3月11日 06:15 ]

オープン戦   巨人2―8オリックス ( 2017年3月10日    ほっと神戸 )

<オ・巨>4回無死、この回の先頭の吉田正に初球を投げた内海は左太腿裏がつり、大事を取って途中降板した
Photo By スポニチ

 巨人の先発・内海がアクシデントに見舞われた。4回、先頭・吉田正への初球を投じた際に左太腿裏がつり、大事を取って降板。

 「(足の)張りもあって寒さもあった。対策をしっかりやって、次はつらないようにしたい」と話した。3回まで無安打無失点、2奪三振と好投し、開幕ローテーション入りへ前進。「(新球の)カットボールは投げ切れた。それで抑えられた」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース