二松学舎大付が2年連続決勝進出 最小兵・三口が大仕事!

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<成立・二松学舎>初回2死満塁三口は走者一掃の適時二塁打を打つ

東東京大会準決勝 二松学舎大付9―2成立学園

(7月27日 神宮)
 二松学舎大付が成立学園に9―2でコールド勝ちし、2年連続決勝進出を決めた。2回2死満塁の先制機に、1年生・三口が走者一掃の適時二塁打。1メートル62のチーム最小兵は「まだ序盤だし、打てなくても大丈夫と開き直れた」と笑った。兄・直哉さんは立正大淞南(島根)の一員として12年夏の甲子園に出場。チームは過去の決勝で10戦全敗しているだけに、「3年生を甲子園に連れていきたい」と頼もしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース