東海大相模“貫禄”14安打12点で4強!豊田が2打席連続弾

[ 2014年7月28日 05:30 ]

神奈川大会準々決勝 東海大相模14―2橘学苑

(7月27日 横浜)
 東海大相模が4本塁打を含む14安打で14得点を挙げ2年連続4強入り。3番・豊田は初回1死一塁から右中間へ先制2ランを放つと、3回にも左中間へソロ。2打席連発に「1本目は風に乗って入ってくれた。2本目は内角をしっかり振り抜けた」と振り返った。準決勝は横浜との対戦が決まり、門馬敬治監督は「全力で挑みたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース