マダックス氏、トーリ氏らが殿堂式典参加

[ 2014年7月28日 08:08 ]

殿堂入りの表彰を受けた(左から)グラビン氏、コックス氏、マダックス氏(AP)

 米国の野球殿堂入り式典が27日、ニューヨーク州クーパーズタウンで行われ、いずれも候補1年目で記者投票によって選出された3人、ブレーブスなどで通算355勝の右腕グレグ・マダックス氏(48)、ブレーブスなどで305勝を挙げた左腕トム・グラビン氏(48)、ホワイトソックスなどで521本塁打のフランク・トーマス氏(46)が表彰を受けた。

 マダックス氏は「殿堂など考えたこともなかった。次の試合でいい投球をしようと思い続けただけ。家族をはじめ関係者の助けがなければ今の自分はない」と話した。

 また選考委員会の投票によって選出された通算2000勝以上の3監督、ヤンキースでワールドシリーズ4度制覇のジョー・トーリ氏(74)、アスレチックスとカージナルスで計3度頂点に立ったトニー・ラルーサ氏(69)、ブレーブスを1995年のワールドシリーズ優勝を含む11年連続地区優勝に導いたボビー・コックス氏(73)も式典に臨んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース