健大高崎 “偉業”ノーヒッター継投で3年ぶり2度目頂点!

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<伊勢崎清明・健大高崎>甲子園出場を決め歓喜の輪を作る健大高崎ナイン

群馬大会決勝 高崎健康福祉大高崎1―0伊勢崎清明

(7月27日 上毛新聞敷島)
 3人とも泣いていた。1―0の9回、この回から登板した高崎健康福祉大高崎の松野は2四死球で2死二、三塁のピンチをつくった。「短いイニングを抑えるのが役目」。自らに言い聞かせ、最後の打者を捕ゴロに打ち取ると、川井、高橋和がマウンドに駆け寄り、うれし涙で喜び合った。

 3人とも泣いていた。1―0の9回、この回から登板した高崎健康福祉大高崎の松野は2四死球で2死二、三塁のピンチをつくった。「短いイニングを抑えるのが役目」。自らに言い聞かせ、最後の打者を捕ゴロに打ち取ると、川井、高橋和がマウンドに駆け寄り、うれし涙で喜び合った。

 先発・川井は直球を低めに集め、打たせて取る投球で6回まで無安打。「きょうに限っては完投もあるかなと一瞬思ったが、うまくつなげた」と、7回のマウンドを高橋和に譲った。高橋和も8回を3者三振に封じるなど、2回無安打無失点。松野も9回のピンチをしのぎ、3投手によるノーヒットノーランを達成。群馬大会決勝では史上初の偉業を成し遂げ3年ぶり2度目の甲子園切符をつかみ取った。

 青柳博文監督は初戦から決勝まで6試合全て継投策で勝ち抜いた。「川井はノーヒットだったが、うちの野球を最後までやりたかった」と話した。

 昨夏の甲子園はプロ注目右腕の高橋光成(こうな)を擁する前橋育英が全国制覇。しかし、健大高崎の背番号「1」を背負う高橋和は言い切った。「継投で全国制覇したい」。絶対エースがいなくても、総力戦で群馬勢V2を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース