トーリ氏 殿堂入り式典で松井氏のエピソードを披露

[ 2014年7月28日 09:22 ]

殿堂入りの式典に参加したトーリ氏(AP)

 殿堂入りメンバー6人の最後にあいさつしたトーリ氏は人格の優れた選手に恵まれたとしてヤンキース監督時代を振り返り、松井秀喜氏のエピソードを披露した。

 松井氏が入団した2003年のキャンプで、ベンチコーチだった故ジマー氏が「エンドランのサインを出していいか聞けば、どういう選手かが分かる」とトーリ監督に進言。実際に聞くと松井氏は「いつでも出してください」と即答したという。

 トーリ氏は「日本で50本塁打の打者がチーム優先の考えでいることが分かった」とヤンキースでも中軸を任せた松井氏について語った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース