試合後は緊急ミーティング…オリ 首位攻防3連敗

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<ソ・オ>2回途中で降板したディクソン(中央)

パ・リーグ オリックス2-3ソフトバンク

(7月27日 ヤフオクD)
 敗戦後のベンチ裏では緊急ミーティングが行われた。オリックスは1・5ゲーム差の首位で臨んだソフトバンクとの首位攻防3連戦で今季2度目となる同一カード3連敗を喫し、逆に1・5ゲーム差をつけられた。

 気がつけば日曜日は6連敗。「惨デー」に森脇監督は努めて冷静に話したが、表情には怒りが見え、入れ替えを示唆した。

 「こんな相手に真正面からぶつかって勝てるとは思っていない。ただ、勝負事への備え方がどうだったか。勝つにふさわしい心身だったか。1人でも戦う気持ちが不足していたら、うちは前には行かない」

 ディクソンが大誤算だった。金子の離脱に伴い、中5日で先発したものの被安打4の3与四死球で来日最短となる1回2/3で3失点KO。「自分自身を分析しきれていない」と肩を落とした。

 これにより、先発陣は再編成される見込み。金子の復帰日に関わらず近藤の昇格案が浮上し、3連戦で計5得点に終わった野手陣も入れ替えを検討する。「僕自身は、ここからがスタートという思いが強い。ソフトバンクとの2強マッチなんて、そんな甘いもんじゃない」と指揮官。再出発できるか、正念場を迎えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース