八頭、守り切って4年ぶり頂点!指揮官「求めていた野球」

[ 2014年7月28日 05:30 ]

鳥取大会決勝 八頭2―1鳥取城北

(7月27日 倉吉市営)
 八頭が初回に挙げた2点を守り切り、4年ぶり8度目の出場。先発した鎌谷が6安打1失点で、今大会初めて完投した。

 「仲間が準決勝まで頑張ってくれた。だからきょうは自分が投げてやろうと意地で投げました」。初回に女房役の捕手・西垣が中前適時打で奪った2点を守りきった。

 今大会、打ち勝つ試合が多かったが、徳永昌平監督は「鎌谷を中心とした、求めていた守りの野球ができた」と決勝戦の内容に手応え。過去、甲子園は1勝が最高で2勝以上したことはない。指揮官は「甲子園までに少しでもいい状態にもっていって、ウチらしい泥臭い野球をしたい」と、意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース