広陵 1点差守り切った!練習着に「2-9」記しリベンジ

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<広陵・広島新庄>甲子園出場を決めマウンドで歓喜の輪を作る広陵ナイン

広島大会決勝 広陵2―1広島新庄

(7月27日 尾道市びんご運動公園)
 1失点で完投した広陵のエース・吉川は勝利の瞬間、マウンドで両手を突き上げた。「あれだけやったから大丈夫。ランナーが出ても、併殺をしっかり取れた」と猛練習を自信にピンチをしのいだ。

 広島新庄には昨秋、県大会準決勝、中国大会準々決勝で連敗。後者は特にコールド負けで、チーム全員、練習着にその時のスコア「2―9」と書いて悔しさを忘れず、甲子園を懸けた決勝で雪辱を果たした。今大会は初戦から4戦連続2桁安打のコールド勝ち、そして準決勝、決勝は1点差を守り切った。中井哲之監督は「負けないチームになった。甲子園では受け身にならず、思い切りやってくれれば。この子たちの夢だった場所なので」と目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース