帝京 ライバル下し3年ぶり決勝へ…小幡が4打点の大暴れ

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<関東一・帝京>8回1死二、三塁小幡は適時二塁打を打つ

東東京大会準決勝 帝京12―4関東第一

(7月27日 神宮)
 帝京は小幡の2安打4打点の活躍などで今センバツ出場の関東第一に8回コールドゲーム勝ち。3年ぶりの決勝進出を決めた。5回に右中間を破る適時三塁打、6回にスクイズを決めると、最後は8回1死一、三塁から右越えの2点適時二塁打で計4打点。今春まで中軸を任されながら不調でこの日は8番に入った小幡は「打順は意識していない」と冷静に話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース