打の主役は菊池 打って走った「フクくんが頑張っていたので」

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<広・神>お立ち台で特大マイクを福井(中央)に向ける菊池

セ・リーグ 広島6-1阪神

(7月27日 マツダ)
 広島は2カード連続勝ち越しで2位・阪神とは0・5差に肉薄。打の殊勲は菊池だ。

 1―1とした2回、なおも2死満塁で敵失を誘う2点右前打を放つなど、3安打2打点の猛打賞。5―1の6回には2死から左前打で出塁し、丸の投ゴロが悪送球を呼ぶ間に一気に生還し、勝負を決めた。「フクくん(福井)が頑張っていたので、何とか打ちたいと思っていた。よく走りました」。これで打率・322へと上昇。野村監督は「丸とのコンビでキクの走塁は素晴らしかった」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース