阪神ドラ1岩貞 8・3DeNA戦先発も 2軍戦で好投

[ 2014年7月28日 09:39 ]

阪神の岩貞

 阪神ドラフト1位左腕の岩貞が、8月3日のDeNA戦(甲子園)に先発する可能性が出てきた。前日26日の広島戦(マツダ)で2回2失点で降板した岩崎が27日に出場選手登録を抹消された。再登録は最短でも8月6日。その状況で29日からの6連戦に突入すれば、先発の頭数が足りなくなる。

 ヤクルト3連戦(甲子園)には岩田、二神、能見を投入する見込みだが、続くDeNA3連戦(同)では藤浪、メッセンジャーに続く8月3日の第3戦先発が不在。その最有力候補に、岩貞が浮上してきた。岩貞は前日26日のウエスタン・中日戦で6回無失点と好投。2軍では3試合に登板し1勝1敗、防御率0・64と結果を残しており、抜てきされる可能性は十分にある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース