センバツ4強の愛知・豊川敗れる 東邦の1年生右腕・藤嶋に苦杯

[ 2014年7月28日 14:19 ]

第96回全国高校野球選手権愛知大会5回戦 豊川3―6東邦

(7月28日 刈谷)
 第96回全国高校野球選手権愛知大会は28日、5回戦が行われセンバツで初出場ながら4強入りを果たした豊川が伝統校の東邦に敗れ、春夏連続の甲子園出場はならなかった。

 豊川はエースの田中が3回に2点を先制されると、5回には東邦の溝口に2ランを浴びたほか6、8回にも1点ずつを追加された。攻撃陣も東邦の1年生右腕、藤嶋の力のあるボールを打ちあぐみ8回まで1点に抑えられ、9回に4番高桑が2ランを放ったが及ばなかった。

 センバツでは準決勝の履正社戦で延長戦の好勝負を演じた豊川だったが、8強を前にして涙をのんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース