中日 後半戦初黒星 大竹に4連敗

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<中・巨>8回、痛い失点に厳しい表情でベンチに引き揚げる谷繁兼任監督

セ・リーグ 中日1-2巨人

(7月27日 ナゴヤD)
 無敗の勢いを「天敵」に止められた。後半戦4勝1分けと好調だった中日の打線が、大竹の前に沈黙。5回の大島の右犠飛による1点のみで、今季広島から巨人に移籍した右腕に4連敗(1勝)となった。

 「ここまで抑えられたのは初めてですね。(苦手意識は)ないです」

 7回を3安打に抑えられ、谷繁兼任監督も首をひねった。後半戦に入り5試合で54得点の打線をけん引していたエルナンデス、和田、森野のクリーンアップトリオが無安打。和田は「コントロールが良かったし、丁寧に投げられた。ウチの投手も良かったから、何とかしたかったけど」と悔しそうに振り返った。

 後半戦6戦目で初黒星となったが、29日からは3位の広島と敵地で3連戦を戦う。Aクラス入りへ再出発だ。

 ▼中日・福谷(1―1の8回1死三塁から亀井に決勝犠飛を許し)チームのいい流れを切ってしまった。悔いが残ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース