巨人・小林 好リード「大胆にいきましょうと話していた」

[ 2014年7月28日 05:30 ]

<中・巨>5回2死一、二塁、坂本の中前打で二塁走者・小林が生還

セ・リーグ 巨人2-1中日

(7月27日 ナゴヤD)
 巨人・小林が6日の中日戦(東京ドーム)以来の先発マスクで大竹を好リードした。

 「ベンチで見て、これまでスライダーを打たれていた。“大胆にいきましょう”と話していた」と速球主体の強気のリードでリズムを生んだ。21~23日の阪神3連戦(甲子園)では、23歳の同じルーキーの梅野が先発出場したことが刺激になった。「うらやましいと思った。出たら積極的にいこうと思った」と振り返った。

 ▼巨人・亀井(8回1死三塁から決勝の左犠飛)ランナーを気にせず集中していた。(試合に)出る人がしっかりしないと。自分の役割を果たすだけです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月28日のニュース