亜大の2年生4番・水本「つなぐ打撃を心掛け」決勝打

[ 2014年4月22日 13:59 ]

東都大学野球春季リーグ第3週 亜大4―2青学大

(4月22日 神宮)
 亜大が先勝した。大阪桐蔭出身の2年生・水本が1―1の1死二塁から決勝の中前適時打。「あの回は2番からだったので勝負だと思った。4番でもつなぐ打撃を心掛けている」と振り返った。

 ノーステップ打法で2安打を記録し「本当は足を上げてステップしたいんですけど、うまくタイミングが合わないので」と試行錯誤しながらもチームの勝利に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月22日のニュース