キラ、死球で途中交代 「脊髄振とう」と診断

[ 2014年4月22日 23:43 ]

セ・リーグ 広島7―4ヤクルト

(4月22日 神宮)
 広島のキラが1回、投球を背中に受け、直後の守備から退いた。東京都内の病院で検査を受け「脊髄振とう」と診断された。今後の出場は様子を見て決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月22日のニュース