菅野「きょうは自分一人で投げる」と決めて完投勝利 原監督 つないだ3人評価

[ 2014年4月22日 21:22 ]

今季初の完投勝利を挙げた巨人先発の菅野

セ・リーグ 巨人4―1DeNA

(4月22日 サンマリン宮崎)
 巨人の菅野が自己最多の142球で今季初、自身2度目の完投勝利で開幕4連勝とした。

 7回あたりから「最後まで投げる」と決めていたという菅野。最近の中継ぎ陣の負担を考え「少しでも休んでもらおうと思った。きょうは自分一人で投げる」と決意してのマウンドだった。

 3、4回で60球近くを投げたが、4回に1点を失ってからは5回以降1安打投球。球数も気にならなかったという。

 決勝打となった逆転満塁弾のアンダーソンはお立ち台で「サイコーです!」を6回も口にして上機嫌。原監督は試合を決めた助っ人とともに、好機をつくった橋本、坂本、片岡を評価。「久保のようなクレバーな投手からよくつないだ」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月22日のニュース