ソフトB王会長 “愛弟子”セペダにエール「その後もたくさん出てくるからね」

[ 2014年4月22日 18:49 ]

 ソフトバンク・王貞治会長は22日、東京ドームでの日本ハム戦を観戦に訪れ、巨人入りの決まった「愛弟子」にエールを送った。

 キューバの主砲・セペダは91年に王会長が主催するWCBF(世界少年野球大会)に参加した経験もある。「千葉大会だったのかな。彼のような選手が一人、出てくれば、その後もたくさん出てくるからね」と日本球界入りの決断を歓迎した。

 チームとしてキューバ選手の調査の可能性を問われると、近くにいた編成担当者を呼び「うちは、キューバとのパイプはあるんだっけ?」と質問。「あります」との答えに「だそうです」と周囲に笑顔をふりまいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月22日のニュース