青木、連続試合安打は4でストップ「リスのせいにしたい」

[ 2014年4月22日 10:45 ]

インディアンス戦の1回、左飛に倒れるロイヤルズ・青木

 米大リーグは、ロイヤルズの青木は21日(日本時間22日)、クリーブランドでのインディアンス戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打だった。ロイヤルズは3―4で敗れて2連敗。

 1回の第1打席で左飛に倒れた青木は3回の第2打席も中飛。5回の第3打席は2―2の同点に追いつき、なお無死二塁のチャンスだったが、三ゴロに終わった。7回の第4打席は空振り三振で打率は2割6分9厘。連続試合安打は4で止まった。

 ▼青木の話(好守を披露した)守備に関しては良かったと思うけど、打撃の方でチャンスをつくることができなかった。(試合中にリスが登場したが)いいことなかったんで、二度と現れてほしくない。リスのせいにしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月22日のニュース