福留 今季初本塁打「何とかしようという気持ちだった」

[ 2014年4月3日 20:38 ]

4回1死一塁、右中間2ランの阪神・福留(右)はゴメスとハイタッチ

セ・リーグ 阪神―中日

(京セラD)
 阪神の福留が5点リードの4回、山内から今季初本塁打となる2ランを放った。2回の好機では見逃し三振だっただけに「前の打席では打てなかったので、何とかしようという気持ちだった」と振り返った。

 3月30日の巨人戦の守備で西岡と激突し、前日は疲労を考慮されて欠場していた。復活に懸ける今季、苦しいスタートだったが、初打点でようやく存在感を示した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース