龍谷大平安、母校に凱旋 河合主将「夏の舞台戻れるように」

[ 2014年4月3日 13:37 ]

選抜高校野球大会で初優勝を果たし、母校に凱旋した龍谷大平安高の野球部員ら

 春の選抜高校野球大会で初優勝を果たした龍谷大平安高の野球部が3日、紫紺の優勝旗を掲げて京都市下京区の同校に凱旋した。3年の河合泰聖主将が駆け付けた教職員や生徒の前で「また夏の舞台に戻れるようにがんばりたい」と決意を述べた。

 正午すぎ、白いユニホームに金色のメダルを下げた野球部員らが正門前に整列。誇らしげな笑顔を見せた。

 河合主将は「日本一になることができて、最高の気分。本当にうれしい」と喜びの表情。原田英彦監督は「今日から次のことを考えないといけない。余韻に浸っている時間はない。夏の大会で、選手たちがしっかりした気持ちで臨んでくれることを信じている」と春夏連覇への期待を込めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース