センバツ総観客数 通常大会10年ぶりの49万人超え

[ 2014年4月3日 05:30 ]

第86回選抜高校野球大会決勝 龍谷大平安6―2履正社

(4月2日 甲子園)
 ◆センバツあらかると

 ▼総観客数 初日から3連休が重なり晴天だったことに加え、好カードが目立った影響もあり、昨年の42万3000人から7万4000人増の49万7000人。記念大会を除く通常大会での49万人超えは04年(50万4000人)以来10年ぶり。

 ▼再試合 2回戦の桐生第一(群馬)―新庄(広島)が延長15回1―1で引き分け。08年の鹿児島工(鹿児島)―平安(京都)以来6年ぶりの再試合が行われた。

 ▼延長戦 準決勝の履正社(大阪)―豊川(愛知)など7試合。99年71回大会に並ぶ最多。

 ▼サヨナラ試合 大会史上最多の6度を記録。過去最多だった1大会5度(79、90、93、09、10年)を上回った。

 ▼本塁打 昨年から7本減の13本。07年の低反発球導入から10→14→13→15→15→19→20→13と推移している。

 ▼応援団賞 最優秀賞は大島(鹿児島)。優秀賞は佐野日大(栃木)、龍谷大平安(京都)、智弁学園(奈良)、新庄(広島)、池田(徳島)。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース