巨人16人目…山口インフル、4回5失点の宮国2軍降格

[ 2014年4月3日 06:08 ]

<D・巨>4回5失点降板の巨人先発・宮国(右)

セ・リーグ 巨人15―9DeNA

(4月2日 横浜)
 巨人は2日、山口鉄也投手(30)がインフルエンザ(B型)と診断されたと発表した。

 同日のDeNA2回戦(横浜)中に発熱の症状を訴え、病院で診察を受けた。巨人の感染者は、2月1日の春季キャンプから通じて16人目で、山口は3日に出場選手登録を外れる。また、同戦に先発して4回5失点だった宮国椋丞投手(21)の2軍降格が決定。代わりに、クリス・セドン投手(30)と、今村信貴投手(20)が出場選手登録される。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース