中畑監督 8回に新人・平田…悔やむ継投ミス「隙与えた」

[ 2014年4月3日 05:30 ]

<D・巨>8回、巨人に逆転を許した山口

セ・リーグ DeNA9―15巨人

(4月2日 横浜)
 5点リードでの油断が命取りになった。DeNAの勝ち試合は8回が山口、9回はソーサで逃げ切るのがパターン。だが、8回に投入したのは新人・平田で、中畑監督は「どこかに隙があった。あの点差でも、勝ちパターンの投手を投入すべき相手。巨人に隙を与えてしまった」と継投ミスを悔やんだ。

 その平田は1点を返され、なお1死満塁で降板。慌てて山口を投入したが流れを変えられず、1イニング10失点で屈辱的な逆転負け。指揮官は「ぶざまだった。ダメージが大きい。本当にファンに申し訳ない」と声を絞り出した。

 ▼DeNA・尚成(39歳誕生日、古巣相手に5年ぶり日本球界復帰登板。5回0/3を3失点)本塁打はソロならOKと思っていたが、さすがに3連発は…。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース