西武の新守護神・十亀“自作自演”プロ初S「恥ずかしい」

[ 2014年4月3日 05:30 ]

<ロ・西>今季初勝利を挙げた野上(左)にウイニングボールを渡す十亀

パ・リーグ 西武3―1ロッテ

(4月2日 QVC)
 プロ3年目の今季に先発から救援に転向し、開幕前日に守護神に指名された西武・十亀がプロ初セーブを挙げた。

 2点リードの9回。連続四球と今江の安打で無死満塁のピンチを背負ったが、そこから最速147キロの直球で押しまくった。18球中12球の直球勝負で角中、ブラゼルを浅い外野フライに仕留め、最後は代打サブローを遊ゴロに打ち取った。薄氷を踏むような内容に「恥ずかしい」と反省したが、「今、一番信頼できるのは直球。あの場面では押すことが大事だった」と振り返った。

 ▼西武・野上(8回を4安打1失点で今季初白星)コントロールもテンポも良かった。プロ初完投はまた今度です。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月3日のニュース