ベテラン・新井も存在感!史上52人目の通算3000塁打

[ 2014年4月3日 05:30 ]

<神・中>6回2死満塁、代打・新井は中越えに走者一掃の3点適時二塁打を放つ

セ・リーグ 阪神15―0中日

(4月2日 京セラD)
 痛烈な打球が中堅後方を襲った。6回、1点を追加しなおも2死満塁、代打で登場した阪神・新井は初球、2球目と連続でボール球を空振り。続く3球目をファウルしての4球目。低めのスライダーをバットの芯で確実に捉えた会心の一打はフェンス直撃の3点二塁打。この一打で史上52人目となる通算3000塁打を記録した。

 「うまく反応できている。どんどん振って行こうと。(ボールを)見て、見てとなると後手後手になる。反応できる、バットを振れる体勢にある。バットを振る中で修正できている」

 これで出場した試合は目下2試合連続安打。打点は早くも4打点目となった。代打要員ながら驚異の勝負強さを誇る。いつでも打席へと向かうスタンバイができているベテランがいる限り、猛虎はまだまだ上昇の余地がある。

 ▽新井(阪神)通算3000塁打 2日の中日2回戦(京セラドーム)の6回に二塁打を放って達成。プロ野球52人目。初の塁打は広島時代の99年5月12日の巨人戦。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース