「二刀流」2年目…大谷、今季初登板に気合「持ち味出す」

[ 2014年4月3日 08:40 ]

キャッチボールを終え笑顔を見せる大谷

パ・リーグ ソフトバンク―日本ハム

(4月3日 ヤフオクD)
 開幕3連戦は野手として出場した日本ハム・大谷が、3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で今季初めてマウンドに上がる。

 登板を控えた2日はダッシュなどで調整し「しっかりと持ち味を出せるようにしたい」と意気込みを語った。投手として13試合に登板した1年目は、ソフトバンク戦で5度登板して、1勝0敗、防御率3・96。「昨年はホークスに投げたのでスムーズに入れる。自分の形でいければと思う」と話し、先発投手としての役割に重点を置く「二刀流」の2年目が本格的に始まる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース