衣笠氏が!桧山氏が!平安OB、春初Vに“バンザーイ!”

[ 2014年4月3日 05:30 ]

第86回選抜高校野球大会決勝 龍谷大平安6―2履正社

(4月2日 甲子園)
 ▼衣笠祥雄氏(元広島、64年度卒)初優勝の重圧は大きかったと思いますが、選手たちは伸び伸びとプレーしていました。“昔、優勝したことのあるチーム”という古い印象の野球部が、この優勝で新しい時代のチームに仲間入りできたと思います。選手たちにありがとうと言いたい。

 ▼桧山進次郎氏(元阪神、87年度卒。記者席で観戦し)甲子園で高校野球を見るのは小6以来で、自分の母校の優勝が見られるのは幸せです。みんなが堂々とプレーしていた。自分が高校生だった頃を考えたら凄いことです。

 ▼広島・赤松(00年度卒)原田監督から“今年のチームはやりよるぞ”と聞いていたけど、冬場に(母校の)球場で練習を見て、僕自身も今年は強いと感じた。本来の力を発揮したと思う。

 ▼西武・炭谷(05年度卒)センバツは初めての優勝なのでうれしく思うし、誇りに思います。夏もてっぺんを目指して頑張ってください。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース