女子プロ野球が開幕!フローラ快勝発進 小西美先制打、矢野1勝

[ 2014年4月3日 23:09 ]

先制打を含む4打点の活躍を見せたフローラ小西美

 女子プロ野球が3日、わかさスタジアム京都で開幕、今季は4チームの東西2地区制(ヴィクトリアシリーズ)となり、西地区の1試合はフローラが8―1でディオーネを下した。

 フローラは初回3四死球で満塁のチャンスを作り、小西美が左越え3点適時打で先制、その後も着々と加点しディオーネの反撃を4回の1点に抑えて快勝した。フローラ先発、昨年最優秀新人賞・矢野が勝利を飾った。

 東地区は11日、アストライア―レイア(神宮)で開幕、11月に東西の優勝チーム同士で女王決定戦が行われる。トーナメントで争われるティアラカップは5月24、25日にさいたま市営浦和での埼玉大会を皮切りに4大会を開催する。

 ▼フローラ・小西美(先制打含む4打点)みんながチャンスを作ってくれたので、なんとか期待に応えようと思い切って振りました。今シーズンはどの打席もホームランが行くような強いスイングで打っていこうと思っています。

 ▼フローラ・矢野(開幕戦勝利)去年の開幕戦でとても悔しい思いをしたので今年は絶対にやってやろうという気持ちでマウンドに上がりました。初回に大量得点取ってもらったので楽に投げられました。投げる試合は全部勝ちたいと思います。

 ▼フローラ・松村監督 スタートよく切れてよかったです。守備の方では最少失点に抑えて、攻撃の方では好球必打でつなげる打撃で1点でも多く取って逃げ切りたいと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース