楽天・森 6回途中2失点デビュー「緊張はまったくなかった」

[ 2014年4月3日 16:32 ]

6回途中2失点で降板した楽天先発・森

パ・リーグ 楽天-オリックス

(4月3日 コボスタ宮城)
 楽天の2年目左腕・森がプロ初登板初先発。「調子がよかったのでまったく緊張しなかった」と5回2/3回を投げ、6安打5三振2失点。2点ビハインドでマウンドを降り、勝ち投手の権利は得られなかったが、上々のデビューとなった。

 2回に先頭のペーニャに右越えソロ、5回にはヘルマンの中犠飛で2点目を献上したが「右打者への内角へいいところに投げられた」と納得の様子。それでも「6回からバテてしまった」と反省も忘れない。楽天の注目若手は松井裕だけではないことを十分にアピールした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース