バーネット誤算…ヤクルト、粘りむなしく3連敗で最下位

[ 2014年4月3日 05:30 ]

<広・ヤ>6回、同点2ランを放つバレンティン

セ・リーグ ヤクルト3―4広島

(4月2日 マツダ)
 ヤクルトは引き分け目前の延長12回、バーネットが堂林にサヨナラ本塁打を浴び3連敗。DeNAと並び最下位に転落した。

 2イニング目につかまった守護神は「(堂林は)パワーのある打者。カウントを悪くして力勝負にいったが打たれてしまった」と肩を落とした。1点を追う9回に代打・森岡の右前適時打で追いつくなど執念も見せたが、小川監督は「最後にこういう負け方は、せっかく粘っていただけにもったいない」と厳しい表情だった。

 ▼ヤクルト・バレンティン(今季初の4番で6回に2戦連発の2号2ラン)コンパクトなスイングを意識した。チームが負けてしまったらどうしようもない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース