ダルビッシュ 今季初登板は7日のレイズ戦に決定

[ 2014年4月3日 06:38 ]

コーチ陣が見守る中、ブルペンで投球練習を行うレンジャーズのダルビッシュ

 首の寝違えのため故障者リストで開幕を迎えたレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(27)の復帰登板が、6日(日本時間7日午前2時40分開始予定)の敵地でのレイズ戦に正式に決まった。ロン・ワシントン監督が2日(同3日)、発表した。

 ダルビッシュは20日に患部に張りを訴え、登板予定だった21日のマイナー戦をキャンセル。回復に時間がかかり、内定していたメジャー初の開幕投手の大役も回避していた。

 1日にはブルペンで実戦を想定した86球の投球練習を行っており「試合で投げられると思います。コントロールはあまり良くなかったが、力強さはあったので」と4イニングを想定して、イニング間の休憩を挟んだ投げ込み。一夜明けても状態は良好で、首脳陣はゴーサインを出した。

 今春のキャンプでは首を痛めるまでは順調な仕上がりをみせ、オープン戦では4試合に登板して2勝0敗、防御率3.68。3月16日のホワイトソックス戦を最後に実戦登板はなく、ぶっつけ本番で復帰戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース