聖沢 無失策のプロ野球新 外野手で47年ぶりに更新

[ 2014年4月3日 18:49 ]

連続守備機会無失策の日本プロ野球記録を更新し、花束を手にファンの歓声に応える楽天・聖沢

 楽天の聖沢諒外野手が3日、オリックス3回戦(コボスタ宮城)で824連続守備機会無失策とし、外野手のプロ野球新記録を達成した。

 2日に藤井栄治が阪神と太平洋(現西武)を通じてマークした820に並び、この日の五回にヘルマンの中飛を捕球して更新した。その後に中飛を3度処理して記録を824まで伸ばした。連続無失策は2010年9月22日の日本ハム戦から始まり、昨年5月25日の広島戦でパ・リーグ新記録をつくっていた。

 藤井は1967年9月から74年4月まで阪神で817、太平洋で3の記録を残した。セ・リーグ記録は藤井の阪神時代の817。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月3日のニュース