マー君 本場の空気体感「“あっ、こんなんなんだ”と驚くのは嫌」

[ 2014年4月3日 05:30 ]

<アストロズ・ヤンキース>オープニングセレモニーでアメリカ国歌を聞き入る田中(中央)

ア・リーグ アストロズ6―2ヤンキース

(4月1日 ヒューストン)
 ヤンキース・田中は開幕セレモニーで名前を呼ばれると、ベンチから勢いよく飛び出した。注目度の高さを示すように敵地でも歓声が上がった。

 「まあ、始まったという感じですね。感じたものはもちろんありますけど、しゃべりたくないです。フフフッ」。黒星スタートとなったが、ベンチで戦況を見つめた田中には収穫があった。

 「雰囲気が日本と全然違う。実際にマウンドに上がった時“あっ、こんなんなんだ”と驚くのは嫌。自分の登板までに試合の雰囲気をできるだけ感じておければ」。オープン戦とは違う野球の本場の空気を体感した。

 デビュー戦となる4日(日本時間5日)のブルージェイズ戦。今回は中6日となるため、これまでの登板3日前から変更し、日本流の登板2日前にあたる2日(同3日)にブルペン入りする。「今から緊張しても始まらない」

 田中は平常心のまま、メジャー1年目をスタートさせた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年4月3日のニュース