レッドソックス 04年世界一メンバーがエールの始球式 

[ 2013年10月26日 06:00 ]

レッドソックスが2004年にワールドシリーズを制した当時の選手たちと、第2戦の始球式に臨むマルティネス氏(右から2人目)

ワールドシリーズ第2戦 レッドソックス2―4カージナルス

(10月24日 ボストン)
 04年のレッドソックス世界一に貢献したジェーソン・バリテック氏ら7人が、第2戦の始球式を務めた。

 当時のメンバーで唯一現役のオルティスからボールを渡されると、それぞれがマウンド付近から投球。当時のエースだったマルティネス氏は「このメンバーが成し遂げたことを誇りに思う」とし、後輩たちへは「プレーしている間は集中力を保つことが大事」と激励した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース