星野監督 激励の郭源治氏に“登板要請”「投げれんか?」

[ 2013年10月26日 06:00 ]

郭源治氏(左)と話す原監督

日本シリーズ第1戦 楽天―巨人

(10月26日 Kスタ宮城)
 台湾プロ野球の中華職業棒球大連盟(CPBL)の首席顧問で元中日の郭源治氏(57)がKスタ宮城を訪れ、かつての監督の楽天・星野監督を激励した。

 来日の目的は、勝者が来月のアジア・シリーズ(台湾)に出場する日本シリーズの視察。星野監督はリリーフ陣が不安なだけに、「おまえみたいな抑えがいればなあ。投げれんか?」と88年リーグ優勝時の最強ストッパーに「登板要請」して笑わせていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース