巨人外野陣 Kスタ宮城を入念チェック 雨の中ノック

[ 2013年10月26日 06:00 ]

日本シリーズ第1戦 巨人―楽天

(10月26日 Kスタ宮城)
 雨の中、巨人の外野手だけはKスタ宮城でノックを受け、バウンドやクッションボールの跳ね返りを入念に確かめた。

 全面人工芝の同球場は下が硬く、バウンドが高いことで知られる。この日は前日から降り続いた雨で水分を含んだせいか「思っていたより跳ねなかったですね」と長野。松本哲も「水を吸った分、違ったと思います」と話した。26日も夕方までは雨予報で、試合前練習で再度確認する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース