初戦勝利投手レスター不正投球?グラブにワセリン…1A選手つぶやく

[ 2013年10月26日 06:00 ]

ワールドシリーズ第1戦でベンチに下がるレスター(右)

 第1戦で7回2/3を無失点と好投し勝利投手となったレッドソックスのジョン・レスター投手(29)に対し、不正投球疑惑が浮上した。

 カージナルス傘下1Aの左腕投手メリングが、自身のツイッターで「グラブの中に(禁止されている)ワセリンを塗っているのでは?」と写真とともに投稿。このツイッターは後に削除されたが、写真では黒色のグラブの親指付近が一部緑色に変色しているのが分かり、全米で波紋が広がった。

 レスターは「何もやましいことはしていない。ロジン(滑り止め)を使っただけ」と否定。ジョン・ファレル監督も「彼は汗っかきだからロジンが必要なんだ」と説明した。大リーグ機構は「映像では何も分からない。カージナルスから不満は出ておらず、審判団も不正な物質を見つけていない」との見解を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース