PL学園 暫定監督の正井校長、初陣を飾れず「全て私の責任」

[ 2013年10月26日 19:52 ]

高校野球秋季近畿大会1回戦 PL学園2―3福知山成美

(10月26日 佐藤薬品スタジアム)
 PL学園は初戦で敗れ、来春の選抜大会出場は厳しくなった。暫定的に監督を務め、人生初のユニホーム姿で臨んだ正井校長は初陣を飾れず、「全て私の責任。力になれなかった」と肩を落とした。

 五回に同点に追い付いたが、すぐさま勝ち越しを許し、3投手での継投も実らず1点差に泣いた。中川主将は「チーム全員で戦った結果、こうなってしまって本当に悔しい」と唇をかんだ。野球経験のない指揮官へは「大きな存在だった。先生なしではここまで来られなかったかもしれない」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース