加藤前コミッショナーが反論「極めて不適切な記載」

[ 2013年10月26日 06:00 ]

渦中の加藤コミッショナー

 25日に辞任したプロ野球の加藤良三コミッショナーが、報道各社に文書を送り、統一球問題における責任を指摘された第三者委員会の調査報告に「結論ありきの報告書で、私としては受け入れがたいものと言わざるを得ない」と反論した。

 文書では問題視している部分を列挙して否定。駐米大使だった経歴が持ち出されている点についても「嘲笑する意図すら感じられる。極めて不適切な記載」と不満を述べた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年10月26日のニュース