内海 予告先発助かった「胸を張ってここを歩けますよ」

[ 2013年10月26日 06:00 ]

キャッチボールで調整する内海

日本シリーズ第1戦 巨人―楽天

(10月26日 Kスタ宮城)
 初戦に先発する巨人・内海はCSのリベンジに燃える。強めのキャッチボールと短距離ダッシュで調整。

 16日の広島とのCSファイナルS初戦(東京ドーム)は4回2失点(自責0)で降板となった。それだけに「満足のいく投球をできるように。CSのときよりも状態は上がっている」と自信をのぞかせた。相手の田中が第2戦に回ったことで、初戦は絶対に獲りたい。予告先発の導入についても「楽ですね。隠さなくていい。胸を張ってここ(球場)を歩けますよ」と歓迎し、自然体で決戦へと臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース