内海 初回以外毎回ピンチも「粘って粘って」 2年連続MVPへ好発進

[ 2013年10月26日 22:31 ]

<楽・巨>巨人先発の内海
Photo By スポニチ

日本シリーズ第1戦 巨人2―0楽天

(10月26日 Kスタ宮城)
 巨人の先発・内海が落ち着いた投球で6回無失点。シリーズ初戦の勝ち投手になった。

 「(楽天先発の)則本君の方が良かったと思うが、粘って粘って」と左腕は初回以外は毎回走者を出した投球を振り返った。

 何度も先制されそうなムードだったが、ピンチでは強気の投球。中盤3イニングは、得点圏に走者を置きなが、ストライク先行で追いこみ、打者を考え込ませた。

 昨年の日本シリーズMVP男。2年連続大きな賞をもらうべく、まずは今年も候補にエントリーした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース