対照的な両先発 意気込むピービ ケリーはリラックスムード

[ 2013年10月26日 09:32 ]

第3戦先発に向け調整するレッドソックスのピービ

ワールドシリーズ第3戦 カージナルス―レッドソックス

(10月26日 セントルイス)
 第3戦はワールドシリーズ初登板同士の投げ合いとなる。

 レッドソックスのピービはメジャー12年目で初の大舞台。通算132勝の右腕は「野球人生最大の試合。このために生きている」と意気込んだ。

 25歳のケリーは対照的だった。「試合前夜はいつもテレビゲームをする。リラックスできるから。精神的に追い込みすぎるのはよくない」と笑みを浮かべながら話した。

 第4戦の先発はレッドソックスが今季12勝1敗のバックホルツ、カージナルスは15勝10敗のリンに決まった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース