田沢 キッチリ二ゴロ斬り 寒さ対策も万全、カイロ用意

[ 2013年10月26日 06:00 ]

<レッドソックス・カージナルス>7回2死一塁から登板し、打者1人を二ゴロに打ち取ったレッドソックス・田沢

ワールドシリーズ第2戦 レッドソックス2―4カージナルス

(10月24日 ボストン)
 レッドソックスの田沢は2試合連続で存在感を見せつけた。

 2―4と逆転された直後の7回2死一塁から登板し、3番ホリデーを95マイル(約153キロ)の直球で二ゴロ。「勝利の方程式」を担う左腕ブレスローが崩れた後を踏ん張って切り抜け、1/3回を無安打無失点だった。カイロをポケットにしのばせるなど寒さ対策も万全で、「勝っていようが、負けていようが、大事な試合に変わりはない。(嫌な流れを)断ち切れたらと思っていた。それができて良かった」と話した。

 ▼レッドソックス・オルティス(6回に2戦連発となる左越え2ラン。ポストシーズン通算17本目)これが野球。毎回4連勝はできない。相手はナ・リーグのベストチームなのだから。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月26日のニュース