今秋ドラフト 指名順優先権は初の抽選決定へ

[ 2013年7月23日 08:43 ]

マツダオールスターゲーム2013第2戦 全パ3―1全セ

(7月22日 いわき)
 球宴第3戦は全パが勝ち、通算1勝1敗1分け。総得失点差も両軍5得点5失点の±0で並んだため、今秋ドラフトのウエーバー順の決定は抽選になった。

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局次長は「抽選は後日。誰が抽選するかなどこれから話し合う」と説明。次回実行委員会で議論するが、セ、パ両理事長(広島・鈴木清明球団本部長、オリックス・村山良雄常務)が抽選することになりそうだ。ウエーバー順は05年の高校生ドラフトから球宴の勝敗(勝敗が並んだ場合は総得失点差)で決めてきたが、抽選は初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース