大阪桐蔭 9回ヒヤリ2失点…辛勝に指揮官おかんむり

[ 2013年7月23日 06:00 ]

<大阪桐蔭・阪南大高>ベンチで氷のうを頭に乗せ、頭を冷やす大阪桐蔭・森友

大阪大会4回戦 大阪桐蔭4―3阪南大高

(7月22日)
 大阪桐蔭は阪南大高相手に1点差で辛くも逃げ切り、4回戦突破。夏の甲子園連覇を目指す西谷浩一監督は9回に失策から2点を失ったことに「弱いところが出た。(9回の場面で)焦っているようでは、1番になるのは難しい」と厳しい言葉を並べた。

 7回に適時二塁打を放ち、貴重な追加点を挙げたプロ注目の捕手、森友主将も「ここから上はもっと苦しくなるのを経験している。チーム全体で粘りのある野球をやらないと」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース