関東第一 “プロ注”中村温存でコールド4強

[ 2013年7月23日 06:00 ]

<関東第一・大森学園>5回1失点の好投見せた関東第一・醍醐

東東京大会準々決勝 関東第一11-1大森学園

(7月22日)
 関東第一は今秋ドラフト候補右腕の中村を温存しながら、大森学園を11―1の5回コールドで下し、2年ぶりの4強入りを決めた。

 背番号「10」の左腕・醍醐は5回6安打4奪三振1失点。「一人一人しっかりと抑えていこうと思った。きょうは0で抑えたかったが、追い込んでから甘く入ってしまった」と振り返った。米沢貴光監督は「もう一回チームを締め直していきます」と準決勝の二松学舎大付戦へ目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース